フレームがないか確認する

フレームというのは、上下や左右に分割されている HTML 構造のことです。
境界線の上にマウスを置くと、ポインタが両方向矢印 (↔ とか) に変わり、ドラッグして動かせるようになります。

さて、フレームでは、初期状態の設定として「境界線を見にくくする」とか、「フレームの分割面の横幅や縦幅を 0 にして非表示にする」という処理もできます。
この 2 つを同時に利用して、リドルの答えやヒントを隠すというテクニックがあります。
たとえば、この画面でも、画面左端ぎりぎりにマウスを動かすとポインタが ↔ に変わります。
ポインタが変わったら、ドラッグして右に動かしてみてください。
何か見えますか? 見えたら成功です。

ここでは境界線が画面左端にありますが、もちろん上下左右どこにでも境界線は設置できます。
フレームかな? と思ったら 4 方向全部確認してみてください。

ところで、「ナオのリドル 10 題」では 1 作目のどこかでこのテクニックを使用していますが、HTML側での設定やプレイヤー側の環境によってはうまく機能しないことがあるようです。
また、HTML5ではフレームが廃止されることになっています。
そのため、フレームの使用は非推奨と判断し、2 作目以降では使用していません。みなさまも、リドルを自作される場合はフレームを使わない方向でご検討ください。


©Gran-Fenix.com --- Produced by Nao Fénix